ご家族の皆様がお揃いになってのお祝いの記念写真。家族の“特別な日”の写真は、ぜひ当スタジオにお任せください。記念の日には、記念の日らしい最高の写真を撮らせていただきます。

ご家族それぞれの“特別な日”にはみんな揃ってのお祝い、家族写真を撮りませんか?

ファミリー

今は何でもないと思っても、過ぎてみれば幸せな瞬間だった・・・あの時写真を撮っておけば良かった・・・未来は待てばやってくるもの、過去は取り戻せないものですね。子供が成長した後も、毎年家族写真を写されるお客様がいらっしゃいます。もはや変化もほとんど見られませんが、写していてとても嬉しく思います。継続は「金」という言葉もあります。後悔なきよう、思い立ったらお気軽にご来店下さい。


撮影基本料金5,250円+プリント料金

撮影基本料金
1ポーズが5,000円、2ポーズで8,000円、3ポーズ以上は多ポーズ撮影で一律10,000円
お子様(小学生以下)が主役の場合は3,000円でご家族・ご兄弟など多ポーズ撮影いたします。
主役がアイフォトパスカードをご持参の場合は、3,000円が無料となります。
写真商品紹介
台紙仕上げ・デザインアルバム仕上げ・データCD付きセット商品など→こちらから


 アイフォトパスカードとは
 初めて撮影された6歳未満のお子様にお作りしています。最初に写した際の顔写真入りの個人カードです。主役がアイフォトパスカードをご持参の場合に限り、
 撮影基本料3,000円が無料となります。

 

結婚記念日や、還暦、古希、喜寿などの長寿祝い、顕彰記念などもお任せください
ファミリー   ファミリー
 家族写真は、大人と子供の比率にもよりますが、10数名の大家族でも大家族も可能です。


 豆知識
 ■結婚記念日
 結婚記念日の発祥はイギリスとされ、アメリカを経て日本に伝わったそうです。結婚20年目までは毎年、以降は5年毎に名称が付けられていてます。国によって名称はいくらか違いますが、紙婚式(1周年)→真珠婚式(30周年)→ダイヤモンド婚式(60周年)と、年を経るごとに硬い物・価値ある物の名がつけられています。これは夫婦の絆・尊さを象徴しているのでしょう。日本では特に、銀婚式(25周年)と金婚式(50周年)は大きな節目として盛大に祝われます。

 ■長寿(賀寿)のお祝い
 長寿を祝う「賀寿」はもともと中国の風習で、昔は元服、婚礼と並ぶ三大祝儀でした。還暦(61歳)、喜寿(77歳)、米寿(88歳)、百寿(100歳)など、現在のものは江戸時代に庶民の間で広く浸透しました。還暦には、しきたりとして赤い頭巾やちゃんちゃんこを贈ったものですが、今は実用性のある衣類や小物、ご本人の希望や趣味に合わせた品物をプレゼントされる方が多いようです

 ■ご家族の記念日
 誕生日、初節句、、発表会、卒入学・進学、就職、父の日、母の日、定年退職、敬老の日・・・考えてみると家族の数だけ“特別な日”があります。デジタルカメラが普及して手軽に写真を撮れる時代となりましたが、楽しい思い出を、家族の絆を確かな形に残しておきたいと、当フォトスタジオへ足をお運びくださる方がいらっしゃいます。プロならではの視点と技術で家族の幸せな時間を表現してほしいと、信頼していただけるのは非常に誇らしく思います。




尚、サービス内容・料金等は予告なく変更となる場合がございます

このページのトップへ